2007年06月06日

第九回OSSサロンのご案内

日時:2007年6月13日(水) 午後6時30分〜午後8時30分
場所:松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)
話題提供:羽田野二稔さん
(株式会社アプリケーションプラス代表取締役・三鷹ICT事業者協会副代表)
テーマ: 三鷹ICT事業者協会と地域内外SOHOネットワーク連携
概要:ITによる地域振興、SOHO CITYを進める三鷹市において
   官民、民民のIT事業連携のハブとしての役割を目指す、
   三鷹ICT事業者協会の活動内容と、三鷹地域外との連携事業の
   可能性について

三鷹市は早くから「SOHO CITY みたか」を掲げて官民が連携して
ITによる地域振興に取り組んでいますが、システムのオープンソース化
と他地域への展開(ディストリビューションビジネスですね)にも
取り組んでいるようです。

Ruby City MATSUE vs. SOHO CITY MITAKA
第一ラウンド(ホーム)です。

------------------------------------------


以上、しまねOSS協議会副会長で島根大学教授の野田先生よりアナウンスがありました。


posted by mst at 21:42| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ご案内】ITと地域の未来を考えるセミナー 6/13

ITと地域の未来を考えるセミナーのご案内
ユビキタスエコノミー下における地域産業創出セミナー
「ITと豊かな資源が切り開く地域の未来」
日程 6月13日 水    
  午後2時から午後5時まで
会場 テクノアークしまね大会議室(西棟4F)
  (ソフトビジネスパーク内)

 島根県には豊かな自然、歴史と文化など、高度情報化社会にこそ
必要な安らぎのある環境があります。
「ユビキタスエコノミー」=ICTによる社会経済の発展の大きな
流れのなかで、これらの環境を地域資源として、高度に発達するICT、
パソコンやインターネットを活用し地域産業の創出や地域の振興を
進めることができれば、他の地域にはまねのできないこの地域の新
しい未来を切り開くことができるものと思います。
そのために地域内で、また地域間での連携を目指したセミナーを企画
しました。

■第1部 ITを活用した地域振興の研究成果と政策報告
 島根大学山陰研究センター
 島根県地域振興部情報政策課
■第2部 JGNUを利用したIT活用先進地からのネットセミナー
 「ユビキタスで開く、明日のコミュニティ」
 宇山 正幸(三鷹市 情報推進室長)  
■第3部 パネルディスカッション
 「ユビキタスエコノミーと地域の未来を考える」
 パネリスト
 ・羽田野 二稔(株式会社アプリケーションプラス代表取締役・三鷹ICT事業者協
会副代表)
 ・井上 浩(株式会社ネットワーク応用通信研究所代表取締役・しまねOSS協議会
会長)
 ・矢野 守(株式会社メディアプラン代表取締役)
 ・阿久戸 敬治(島根大学産学連携センター知的財産創活部門教授)
 コーディネータ
 ・長谷川 陽子(Willさんいん代表取締役・しまねSOHO協議会会長)

■問合せ先:島根大学
島根大学法文学部総務係
TEL 0852−32−6113
E-mail hor-soumu1@jn.shimane-u.ac.jp
■主催:島根大学
■共催:島根県
■後援:島根県情報産業協会、三鷹ICT事業者協会
    株式会社まちづくり三鷹
    しまねOSS協議会、しまねSOHO協議会
posted by mst at 21:37| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへランキングに参加しています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。